2014年07月28日

[催事博覧]〜手が畑〜「キルトの祭典」

7/23〜29、松坂屋静岡店で、〜手が畑〜「キルトの祭典」 が開催されます。

招待券をいただいたので、行ってきました。
ママンは最近パッチワークを始めたのですが、大物キルトはやらないそうです。
私はキルトがそんなに好きではないので、さっと拝見しただけですが、ミシンキルトが多かった気がします。

■トップキルターと仲間たちのパッチワークキルト
■静岡在住作家

■松浦加代子の人形の世界
松浦さんの人形と言えば、愁いのある女性の顔と、古布を使った振袖がとっても素敵なんです。ママンも大ファンです。
参考:松浦加代子人形展-角館町観光協会ブログ

■牟田佐千子と仲間たち
キルトのフロアライト。お部屋の明かりが優しくなりますね。

■パターンキルトとシルバーアクセサリーのコラボ作品
キルトの小作品に、アクセサリーがついてました。面白い企画だと思います。

キルトマーケットでは、いつもの古布おざきで店長さんとでおしゃべりしながら着物をチョイス。
やはり縮緬はなかなか出回らなくなっているそうで、ママンも最初は買わないと言っていたのに、結局1着買ってしまいました。
紺地の花柄の着物は、染めはきれいだったのですがちょっと生地が固くて、悩んでやめました。
でも数年後には手の届かない値段になっていそうで、後悔はしそうなんですけどね。
とはいえ、お値段的になかなか手がでなくなってきています。

あとチラシには掲載されていませんが、西本典子さんの布絵アートのお店もありました。
こちらもママンが大ファンでして、ちょうど西本先生がいらしたので、
また書籍をだしてくださいとお願いしちゃいました。(^_^;)
キットは大分購入済なのですよね、なので今回は作品を拝見しただけで失礼しました。


キルトマーケットは入場料不要なので、手芸用品に興味ある方は一度覗いてみるもの楽しいと思います。


2014年7月23日(水)〜7月29日(火)
松坂屋静岡店 本館8階 大催事場
〜手が畑〜「キルトの祭典」
トップキルターと仲間たち22名の美しい手仕事
10:00〜19:00(最終日は15:30)
入場料 500円/大・高生300円/中学生以下無料


ぷらっと着物や巡り
ママンの手芸遍歴
posted by ぺこ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | [催事博覧]和ものイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402773413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック