2006年04月22日

[催事博覧]和で遊ぶ布の祭典 vol.3

4/30〜5/5、赤坂プリンスホテルで、和で遊ぶ布の祭典 vol.3 が開催されます。

以下チラシからの抜粋(敬称略)
--------------------------------
■花・日本の四季
日本ならではの「四季」を表現
井口久恵/魚住由紀子/浦野カヨ/北島啓子/木村美和子/木本鷹子
小関鈴子/後藤紀代子/齊藤礼子/坂くに子/笹倉幸子/佐藤桂子
鹿熊保子/庄司京子/鈴木三枝子/武石正子/高木良子/多田紀子
田中吉子/角田光代/出口ふさえ/道正千晶/中村順子/中山弘子
西田寿代/馬場茂子/藤田扶美子/藤村洋子/水野嘉津子/宮元啓子
弓岡勝美/吉田恵子/吉田サチ子/鷲尾三江子

■四季折々の花畑
布で創る、春夏秋冬の花の園
小山典子グループ/鈴木三枝子グループ/菅原順子グループ
馬場茂子グループ/吉田サチ子グループ

■花と実 キルトとバッグのセット
花のキルトと、その実りがテーマのバッグ
有原美恵子/井草真弓/奥田朝子/加藤礼子/加納和子/川村美景
河原井智子/小黒登美子/小林陽子/櫻井紀子/砂川直子/高橋晶子
瀧田裕子/竹脇章子/田淵里利子/中島利子/永瀬尚子/中西和子
根木 好/姫野順子/古澤恵美子/松田李麻/松本きよみ/松山敦子
村野信子/指吸快子/吉川ゆみ子/吉田令子/和栗則子/渡邊真理子

■古布が織りなす四季の花 三人展
古布の味わいが咲かせる花
きくちのばら/おざき/鈴木満子

■花のコラージュ・キルト
出口はつえ

■キルトのグループ展

■江戸美人 押絵展
松井春子

■キルト&骨董マーケット
あのお店、このお店が勢ぞろい!
キルト工房糸端会/よしぎん/登美子の部屋/古代裂 檳榔樹
ザ・エム/布遊び あきつ/キルトサークルMARON’Sパッチ/LUNCO
GOODWAY横田/和裂あきやま/キルトポット/ハーティー・アン
Bee’s Chat/FARM TOWN/キルトショップ ロージー/古布 おざき
まねきや/パッチワーク はぎれ/壱の蔵/ぬのあわせ/(有)裁縫屋
古代裂 いしもと/パッチワーク工房 柏や/カラーフィールド


■五節句のお祝い五人展
古くから伝わる「五節句」を五人のアーティストが表現
五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の
変わり目のこと。暦の中で奇数『陽』が重なると『陰』になるとして、
それを避けるために、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓う
という目的から始まりました。この中国の歴法と、日本の農耕を行う
人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で宴会が催されるように
なり「節句」といわれるようになったものです。


1月7日(人日の節句):弓岡勝美
3月3日( 雛 祭 ):小関鈴子
5月5日(端午の節句):やまぼうし(森きみ代/大村町子/斎藤みづ江)
7月7日(七 夕 祭):粕谷育代
9月9日(重陽の節句):吉田恵子


■有名作家たちによるワークショップ(予約制・有料)
4/30:藤村洋子 「アンティークレースの種類と逸話」
4/30:井草真弓 「春色の簡単パッチワークバッグ」
5/ 1:粕谷育代 「赤ちゃんベア 和風の前掛け付き」
5/ 2:弓岡勝美 「和裂で作る小さな箱・水玉」
5/ 3:根木好  「ミニクラッシュポーチ」
5/ 4:武石正子 「ぴよこのお出かけバッグ」
5/ 5:指吸快子 “こどもの日”子供教室「タンポポ巾着」


昨年のvol.2の記事はこちら。また実際に行ったレポートはこちら
帰省するので行けないと思いますが、今年もかなりの盛況だと思います。

2006年4月30日(日)〜5月5日(金祝)
赤坂プリンスホテル 五色の間 1〜2F
和で遊ぶ布の祭典 vol.3
風薫るころ ゴールデンウィークに贈る布の花の祭典
10:00〜18:00(最終日は17:00終了)


イベント情報
ママンの手芸遍歴
posted by ぺこ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | [催事博覧]和ものイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック